開催コンクール内容

2020年ベートーヴェン生誕250年

日本ベートーヴェンピアノコンクール


2020日本ベートーヴェンピアノコンクール全国大会はハイブリッドの開催
2020年の全国大会はステージと動画という前代未聞のハイブリッドと言える形式で開催されました。
ステージにはライヴ感のある生の輝かしい音があり、動画は最も良い状況で演奏を撮れるという長所もありますが、ステージには1回しか弾けない、動画は場所や機材に影響を受けるという短所もあります。ステージも動画もそれぞれの長所、短所がありますが、全国大会ではステージと動画を同じ審査員で同日に審査をするというこれまでにない方法で行いました。結果を見てみれば、ステージと動画に結果の偏りはなく、ステージと動画というハイブリッドな方法はこれからの時代に合っているとも考えられる新しい時代の幕開けとなりました。いずれにしましても2020年の全国大会は盛大な開催となり、子供たちの全体的に上がっているレベルの高さ、また、大人の参加者全体に漂う情熱は現代の日本のピアノ界の様子を鮮明に表していました。ベートーヴェンはますますこれから聴かれ弾かれ尊敬を集めることとなるでしょう。ベートーヴェンを広めることのひとつの力となれることを祈念して、私たちは日本ベートーヴェンピアノコンクールの開催を重ねてまいります。
                      一般社団法人日本ピアノ演奏協会 代表理事 石井愛二

   

   ビデオは編集後、DVD,またはSDカードで送付 
   賞状(名前入り)、トロフィーはオプションでも申込可能
   ビデオ、賞状、トロフィーは任意で有料になります。注文申込フォーム

高さ529mm 485mm 2種類
  プレート印字例

 
 発送は9月30日の予定

 

賞状はJPPAピアノコンクールのものですが、ベートーヴェンも同じ仕様で金箔の部分が変わります。
3人の審査員名が入ります。
A4サイズ、賞状ケース付